シドルハニー  世界で最も高価で希少なはちみつのひとつ

トップ











 






Marhaba Sidr Honey

sidr honey

Sidr Honey


Sidr Honeyはミネラル分が多く活性酸素の除去、ホルモンバランスの調整、細胞の賦活作用などの成分が含まれています。
   ・免疫力が落ちてきたなぁと思う方
   ・蜂蜜を使ったお肌のお手入れに
古から受け継がれてきた、人を元気にする蜂蜜です

Sidr Honey (シドルハニー)はアラビア地方に植生するナツメの木(ナツメヤシではなく日本の棗と同属品種)から採れる蜂蜜で、古くから薬効のある蜂蜜として人々の治療に用いられてきました。近年の研究により、その抗菌性はニュージーランドのマヌカハニーとならんで、非常に強いことが示され、また薬理効果のある多くの植物性化学物質を含んでいる事がわかりました。収穫量が少なくアラブの王族、族長への贈り物としても用いられるシドルハニーは、今では世界中で最も高級で高価な蜂蜜(はちみつ)の一つとされています。

 Sidr Honey(シドルハニー)は個性的で濃厚な味がし、酸味が少なく、独特な香りで、強いて喩えるなら、漢方薬のような感じとでも言えばよいでしょうか。かといって強い苦みがあるわけではなく、雑味のない味わいです。好き嫌いが分かれるところでしょうが、この木が持つ効能を考えれば、この味と香りもかえって体によさそうと感じられるでしょう。
sidr flower シドルの花

 Sidr(シドル)の果実はアダムが楽園で最初に食べた物とされ、神の怒りを買い地上に落とされました。また形状の異なった二つの棘をペアで持つ枝でキリストのいばらの冠が作られたとして別名キリストいばら(Christ'sThorn)とも呼ばれており※、ユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒にとって重要な意味をもちます。イスラム教徒の間では「神聖な神木」として種のすべての固体が神聖化されています。またドルーズ派の間では「祝福の木」として特別な地位をもっています。
Sidr Fruits シドルの実

 アラビア半島南端に位置するイエメン共和国では、養蜂の歴史の古さ、コーランでの記述、高い効能などからSidr Honey(シドルハニー)の評価は高く、族長や閣僚への贈り物に使われます。シドルの木は乾燥に強いですが、気候による収穫量の不安定さなどから、供給が少ないときには1キロUSD800ドルを喜んで支払う人もいるということです。こうした稀少性から、最近は偽物が出回るようになり、評判を落としかねないので、代表的産地のドアンでは公的承認機関の設置に動き出しました。その他の産地としてパキスタン、サウジアラビアなどがあります。


 皆様も海外からのお取り寄せには十分注意してください。蜂蜜がイェメン社会を支える

※植生域(標高)の観点から、キリストのいばらの冠はこの木で作られたのではないという主張もあります。



マルハバラボラトリーへのリンク


シドルハニーのお求めは  シルクロードへのリンク