ハチミツは太古の昔から薬として利用されてきました

はちみつのいろいろ伝統的治療法 > 長い間蜂蜜は治療で使われてきました

M

長い間はちみつは治療で使われてきました


"川の塵を粉に挽く..........そして水と蜂蜜でそれをこね、油と熱い杉の油を上に広げる" (シュメールの粘土板紀元前2000)

"強い白酢、蜂蜜、エジプトミョウバン、炒ったナトロン[炭酸水素ナトリウム]と少量の胆汁を一緒に沸騰させる。" (古代エジプトの創傷治療)

"汝は初日に新鮮な肉を[傷口]に巻き付け、汝はリネン2切れを適用、彼が回復するまで、毎日グリース、蜂蜜、綿で手当する" (ヘロピロス、アレクサンドリア医療学校の創設者の勧告。紀元前300年)

目と耳の病気を癒すため、皮膚感染症を排除し、割礼などの手術の場で傷の治癒を促進するために、古代世界の医師によって蜂蜜は調合されました。エヴァ・クレーンは"養蜂と蜂蜜採取の世界史"で、蜂蜜が腐敗を防止することにより、死体を保存するためにバビロニア人によって使用されたと述べています。中世にボドグ・F・ベックとドレ・スメドレーは"あなたの健康のために蜂蜜を"で、蜂蜜は”腫れ物、創傷、熱傷、潰瘍のために"広く使用されていました。そしてそれは、20世紀まで局所軟膏として適用され続けました。第一次世界大戦中、ロシア兵は傷の感染を防ぐために、蜂蜜ベースの製剤を使用していました。ドイツ人は潰瘍に蜂蜜や肝油を使用していました。皮膚のただれの治療薬としてローマ作家プリニウスは蜂蜜生地の変形に言及しました。 - さらに最近では、第二次世界大戦中に、中国人は蜂蜜とラードの軟膏を混合しました。

蜂蜜の治癒力への信仰が広まったのですが、証拠はありませんでした。前世紀のその潜在的な抗菌性と癒しの価値の研究は、ペニシリンの出現と抗生物質革命の始まりで衰退しました。

参考:ワシントンポスト紙 2007.8.7 Honey Has Been Healing for Ages

トップページへ戻る