蜜蜂の驚くべき能力とはたらき

はちみつのいろいろ > 驚嘆すべき事

驚嘆すべき事〜みつばちについて、ミツバチの働き、はちみつと健康


驚嘆すべき事実〜みつばちについて
1.ハチには翅(はね)が4枚あるって知ってる?
2.ハチの羽ばたきはなんと毎分11,400回 これが特徴的なブンブン音を創っています。
3.ハチは1時間で平均12マイル(19.2Km)飛びます。
4.ミツバチにはいくつ目があるの? 5つです。
5.女王バチは夏の間が最も忙しく、その間ハチの巣は一番強度を必要とします。女王バチは1日に1,000から1,500個の卵を産みます。
6.卵のうち無精卵から生まれるのがオスで数は少なく、繁殖期にはコロニーのおよそ10%がオスになり、役割は女王バチとの交尾だけ。しかも生殖器の一部を女王バチの体に残しすぐに死んでしまいます。
7.寒い冬の間、ハチは体をきれいにするための短い飛行だけに巣を離れます。
8.ミツバチは冬の間、死に絶えません。ハチたちは暖かい数か月の間に集めた蜂蜜を常食にし、根気よく春を待ちます。ミツバチは女王と自身を暖かくしておくために巣の中にきついクラスタを形成します。
9.ハチの小さなコロニー(巣単位で数えるミツバチの群れのこと)が冬を生き抜くために十分なエネルギーを供給するためには35ポンド(約16Kg)の蜜がいります。
10.ミツバチのコロニーにはメンバーが巣箱の入り口で身分証明書を示すようなユニークな芳香があります。コロニーの個々のハチは、警戒ハチがそれらを識別することができるように、同じ匂いを放ちます。

驚嘆すべき事実〜ミツバチの働き
1.ミツバチは生まれながらにして蜜の作り方を知っているわけではありません。若いハチは経験を積んだハチから教わります。まずは巣房の掃除。幼虫のエサやり。ローヤルゼリーの分泌。10日過ぎ頃から蜜蝋を出して巣房作り。その後、入り口を守り、およそ3週間経ってから蜜を採取します。
2.ミツバチは巣箱からの一回の飛行で50から100の花を訪れます。
3.1ポンド(約454g)の蜜を生産するのに、200万個の花を訪れます。
4.一つの巣箱のハチたちは1ポンドの蜜を生産するのに55,000マイル(88,000Km)飛行しなければなりません。
5.一つのコロニーは60から100ポンドの蜜を生産できます。
6.平均的な働きバチはその一生でわずかティースプーン12分の一の蜜しか作れません。
7.蜜が最もよく集まる時期、強くて健康的な巣箱にはおおよそ50,000頭のハチがいます。
8.ハチが世界一周するには、およそ1オンス(28g)の蜜が燃料としているでしょう。
9.蜂蜜はハチのための主要な食料源です。ミツバチが花や蕾から蜜を忙しく集める理由は、冬の数か月の間に十分な蓄えを作ることです。蜜はミツバチによって蜂蜜に変換され、ろう製ハチの巣に蓄えられます。

驚嘆すべき事実〜はちみつと健康
1.蜂蜜はビタミンと酸化防止剤を含んでいるが、脂肪ゼロ、無コレステロール、そしてナトリウムゼロ!
2.「pinocembrin」と呼ばれる酸化防止剤は、蜂蜜にのみ見つかります。
3.蜂蜜は、水を含む生命を維持するのに必要な物質をすべて含んでいるただ一つの食品です。
4.蜂蜜は、湿気を引きつけて吸収する能力を持っています。それは小さな火傷を著しく和らげさせ、傷跡が残ることを防ぐのをたすけます。
5.蜂蜜は、開いた傷口の治癒を促進し、感染体と闘います。
6.つい第一次世界大戦まで、蜂蜜は戦場で傷を消毒し包帯を巻くために肝油と混ぜて使いました。
7.現代科学は今、抗微生物の作用物質として蜂蜜を認めます。それは、蜂蜜があるタイプのバクテリア、イーストおよびカビの成長を防止することを意味します。
8.蜂蜜と密蝋は、多くのスキンクリーム、リップバームおよびハンドローションの基本を形成します。
9.ポール・ゴールド博士(バージニア大学の心理学の教授)によれば、「グルコース(蜂蜜で見つかった砂糖の形式)を消費した後、人ははるかによく記憶します。」
10. 蜂蜜は自然のエネルギー・ブースターです!疲労防止を支援し、運動能力を押し上げることができる濃縮エネルギー源を提供します。
11. 最近の研究は、アスリートが競技の前後にある程度の蜂蜜を摂った場合、摂らなかった選手よりも早く回復することを証明しました。
12. 蜂蜜は、エネルギーの2つの段階を供給します。蜂蜜中のグルコース(ブドウ糖)は、身体に速く吸収され、即時のエネルギーの上昇を与えます。フルクトース(果糖)は、よりゆっくり吸収され保持されたエネルギーを提供します。

参考元:http://www.everymuslim.co.za

トップページへ戻る