ギリシャの養蜂家の甘い生活はいつまで続くか

はちみつのいろいろWorld Honey News > 中国産蜂蜜の輸入禁止に賭けるミャンマー養蜂家団体

ギリシャの養蜂家の甘い生活はいつまで続くか


Life is sweet for beekepers in Greece, but for how long?

High bee mortality is one global crisis that has yet to touch debt-plagued Greece

多くの蜂の死は債務に悩まされるギリシャにはまだ至っていない世界危機の一つ

   AFP    Published: 13:13 April 21, 2013

アテネ:ローズマリーのシーズンは終了してセージが満開です。

ギリシャ南部ペロポネソスの香りたつ丘では、小道に沿って何度か急なカーブを曲がると、ニコス・レパスのくたびれた車はミケーネの先史時代の遺跡の近く、一面に紫のヒヤシンスが広がる蜂の天国に到着した。

古代より、ギリシャ神話によると愛の神エロスが矢を射る前に蜂蜜に矢を浸したときから、その黄金の液体は、遺伝子組み換えとは無縁な広大で未開の土地に豊富に溢れていた。

他の国が高い蜂の死亡率に苦労しているのに対し、借金に悩まされているギリシャにはまだ至っていない、それは世界的な危機だ。

"コロニー崩壊症候群は、米国とドイツやスペインのようないくつかのヨーロッパ諸国で問題となっているが...ギリシャではまだない "パスカリスHarizanis、アテネの農業大学の教授は言う。

その理由は、ギリシャの養蜂家は、まだ商業的農業から安全な距離をおいて活動を維持することができる、それは農薬から距離をおいているということです。

"ギリシャの蜂蜜の独特の香りと味は、国土のわずか29.32%しか農業に割り当てられていない、森林や野生の生態系によるものです"ギリシャの養蜂家団体連合会(OMSE)は述べています

しかし、これは変わるかもしれません。

3月に、ギリシャはミツバチと養蜂に有害であると考え、農薬の禁止をブリュッセルで票を投じた。

委員会は、ミツバチのコロニーの悲惨な崩壊を防ぐためにトウモロコシ、ナタネ、ヒマワリと綿の四大作物に殺虫剤の使用禁止を望んでいる。

大手製薬会社バイエル、シンジェンタそしてクルーザーOSRによってつくられる殺虫剤に含まれるネオニコチノイドとして知られるクロチアニジン、イミダクロプリド及びチアメトキサムの3つの化合物を、専門家が薬害の懸念あるとして分離した。

賛成13、反対9票で、禁止は採択されなかった。が新たな投票が夏前にスケジュールされる。

"ギリシャの投票は...私たちに大きな失望だった。我々は理解できない" OMSE連盟は言った。

"農薬を禁止しないことは、農業を支援することにはなりません。農薬は生物多様性の助けにはならない。それは人間と昆虫を助けない。ミツバチの死からは誰もメリットを受けない" グリーンピースギリシャのエレナDanaliは、付け加えます。

家族が200年間にわたり養蜂を営むナフプリオの養蜂家の46歳のニコス・レパスの場合、彼の人生は花によって決定されます。

"2月はローズマリー、3月にセージの花がさいたあとオレンジ、花粉、6月にタイムの花、7月イナゴマメ、オーク、9月ヒースに10月栗 "

1100万人程度のこの国にはHarizanisによると、20,000の登録された養蜂家があり、1,500以上が養蜂で生計を立てている

ギリシャはスペインにつづいて、ヨーロッパで二番目に大きい蜂蜜生産国になり、年間12,000から17,000トンを生産する。

しかし、世界の輸出の観点から、債務国のギリシャに向かう長い道のりがまだあります。

その際だった蜂蜜の生産にもかかわらず、ギリシャは昨年、800トンの輸出に対し、それより多い2,000トンの蜂蜜を輸入した。

ギリシャ人はその甘いものを他人に売るよりも家に置くことを好む。

Harizanisによると、蜂蜜消費量は、米国一人当たり0.4キロに比べてギリシャ人は1.7キロの平均消費量と、世界で一番消費されています。

"私はこれが大好きです。もしも嫌いな人は、この職業を行う以外に道はない " レパス氏は言います。

"私の父は77でまもなく78歳だが、まだ現役だ。養蜂は、人生のためにある。養蜂家として生まれ、養蜂家として死ぬ。 "

元記事:http://gulfnews.com/news/world/other-world/life-is-sweet-for-beekepers-in-greece-but-for-how-long-1.1173090
トップページへ戻る