はちみつは脳機能を改善します

はちみつのいろいろWorld Honey News > Honey Improve Brain Function

Honey Improves Brain Function


ドバイ:質の悪い睡眠による睡眠負債または慢性部分睡眠不足は体の全体的なエネルギー代謝に悪影響を及ぼすことが示されている。エネルギー代謝障害と慢性部分睡眠損失の毒性作用はメラトニンの減少と加齢による脳機能の喪失の根本的な原因です。睡眠中に脳に十分なエネルギーを提供しないと、脳の代謝と、記憶や学習に重大な悪影響を及ぼします。

皮肉なことに、脳のエネルギー供給に関する最も深刻な負の効果は、慢性的な摂餌量の増加と、その結果として生じる過剰なインスリンの生産から発生します。中枢神経系の過剰なインスリンは、脳の代謝と、記憶や学習に多大なマイナスの影響を持っています。高インスリン血症は、部分的な脳の飢餓を引き起こす脳へのグルコースの取り込みを防いでしまいます。我々の脳は余剰エネルギーの利用可能なときに実際に飢えています。

インスリンは、脳の神経細胞間のシナプス空間におけるグルタミン酸の蓄積を可能にする脳内の酵素を阻害します。これは、脳機能の劣化や、脳の神経細胞の不可逆的な損傷につながります。

就寝前に消費する蜂蜜は、ストレスホルモンの放出を減少させ、学習ホルモンとしても知られているメラトニンの産生および放出を最大化させます 。ストレスホルモンの過剰産生は夜な夜なメラトニンの放出を阻害します。メラトニンが正常に生成されるとき、それは脳の中であまりにも多くのインスリンの負の効果を阻害します。

メモリの統合のために重要で人間の学習に不可欠である質の高い睡眠は、したがって、就寝前に蜂蜜の一さじを消費するという単純な戦略によって達成することができます。この戦略は、回復生理学を最適化し、メラトニンを抑制する副腎のストレスホルモンの慢性的な過剰生産を削減し、またメモリ統合および学習の重要なホルモンであるメラトニン、成長ホルモンおよびIGF-1のリリースに必要だった正確な代謝作用の環境を生みだします。

source:http://www.thenews.com.pk/article-7370-Honey-improves-brain-function

補足:蜂蜜に30〜40%含まれるグルコースは分解の必要がない単糖類で脳のエネルギーとしてすぐに供給されます。
トップページへ戻る