中国産蜂蜜の輸入禁止に努力する養蜂家団体

はちみつのいろいろWorld Honey News > 中国産蜂蜜の輸入禁止に賭けるミャンマー養蜂家団体









中国産蜂蜜の輸入禁止に賭けるミャンマー養蜂家団体


Beekeeping body bids to ban Chinese honey imports

MYMMER TIMES 03 Sep 2012

ミャンマーの蜂蜜産業は - 強固な国内生産を侵略すると脅す中国からの安値競争 - という不愉快な問題に直面している。

ミャンマー養蜂協会の広報担当者は、米国と欧州連合(EU)が抗生物質や化学物質の存在を理由に禁止している中国の蜂蜜が、一部のビジネスマンによって輸入されていることをメンバーが心配していると述べた。

"ミャンマーの蜂蜜は、その優れた品質と純度によって国際的な評判を持っている" とウィン・セイン ミャンマー家畜連盟の副会長は、8月21日明らかにした。

"いくつかのサンプルから、抗生物質や有害な化学物質を含んでいることが判明しているので、ヨーロッパやアメリカで禁止されているにもかかわらず、一部の企業は中国の蜂蜜を輸入を望んでいる"と彼は言った。

養蜂協会はミャンマー家畜連盟に対し、潜在的な輸入停止を要求する報告書を8月8日送っていたことを追加しました。

ハチミツは、法的に、2005年以降、ミャンマーから輸出されており、2011年から12年にかけて2132トン以上が海外で販売され、米国213万ドルを稼いだ。

蜂蜜生産者Dr.Kyi Lwinは、国際基準によると、蜂蜜中の水分量は20%以下、グルコースは70%以上、ショ糖は、5%以下であるべきです。*(正しい基準はグルコースとフルクトース合わせて60%以上)

U Pyae Phyo Aung、ミャンマー養蜂協会の会長は言う、業界は政府の保護が必要だ。

"我々は、簡単に利益を獲ようとしているビジネスマンに対抗して市場を保護する必要があります。 養蜂は既に厳しい事業で、業界の多くは少ない利益しかなく、中国からの輸入は、おそらく業界を破壊することができます"と、彼は8月24日明らかにした。

シドルハニー


養蜂は、マグウェ、ザガインとマンダレー地域に拠点を置く大手生産者により全国に商業的に実践されています。

約60,000巣箱を維持する365以上の生産者が、2010-11年の組合員であった、と彼は言った。
元記事:http://www.mmtimes.com/index.php/business/1352-beekeeping-body-bids-to-ban-chinese-honey-imports.html
トップページへ戻る