蜂蜜とシナモンを一緒に摂るといいみたい

はちみつのいろいろ > 伝統的治療法











日本初登場

現地でも稀少な高級蜂蜜

Sidr Honey


伝統的治療法-ハチミツとシナモン(桂皮)の効能


 シナモンと蜂蜜のコンビネーションは、長い間味や香りを楽しむだけでなく、アユルベーダ医療と漢方では多くの病気に対して信頼された民間療法でした。各成分の防腐・保護性はよく尊重されます。また、科学は、それらの抗炎症剤、酸化防止剤としての利点を明らかにしています。そして蜂蜜とシナモンを組み合わせることは、それらを単独で用いる自然療法を増強するでしょう。
 このコンビネーションはもちろん万病薬ではありませんが、咳と風邪の治療薬として、一般的な免疫向上、酸化防止剤、関節炎、心臓血管の健康については、シナモンと蜂蜜のコンビネーション治療は非常に有効でしょう。
 また、ここでいう蜂蜜とはあくまで純粋な蜂蜜を指します。日本では蜂蜜の定義が曖昧で、規格が厳格な欧州などから見れば蜂蜜とは呼べないものまで”蜂蜜”の冠がついています。蜂蜜の成分も蜜源によって様々で期待できる効果も違います。日本では薬事法により蜂蜜の効能を謳って販売することはできませんので海外のサイトなどから情報をとって自分の期待する効果をもたらす蜜源の蜂蜜を選んでみるのもよいでしょう。

注意:すべてのシナモンで等しくなるとは限りません。シナモンの最も一般的なものは比較的高いレベルのクマリン(coumarine;C9H6O2:長期的な使用で肝臓障害を引き起こす場合がある物質)を含んでいます。セイロンシナモン(C.zeylanicum)は0.05%と低く、カシアCassia(シナニッケイ(C. cassia))には5%含まれているので、継続的に使用する場合はセイロンシナモンを求めるとよいでしょう。
 参考:http://www.earthclinic.com/Remedies/cinnamon_honey.html#CCW
参考資料:東京都健康安全研究センター広域監視部 平成19年度先行調査 pdf_file
               BfR-ドイツ連邦リスクアセスメント研究所 pdf_file

注意:ここに書かれていることを実行する前に内科医、薬剤師あるいは医療従事者と相談してください。
あなたの主治医あるいは薬剤師だけが、個々の症例にとって安全で、有効なアドバイスを提供、分析することができます。


魅惑的な味わい シドルハニー


関節炎
-蜂蜜1、ぬるま湯2、シナモンパウダー小さじ1でペーストを作り、痛む箇所をゆっくりとマッサージする
-1〜2分で痛みが和らぐのがわかるでしょう。
-また、関節痛患者は毎朝、晩 蜂蜜大さじ2杯、シナモンパウダー小さじ1をコップ1杯のお湯に溶かして飲みます。
-規則的に飲まれれば、慢性関節炎さえ治される場合があります。
-コペンハーゲン大学で行われた最近の研究では、医者が患者に対し朝食の前に大さじ1杯の蜂蜜および小さじ半分のシナモンパウダーの混合物で治療した時、一週以内に、200人の内73人の患者から苦痛が全て取り除かれ、また、一か月以内に、関節炎のために歩いたり、動き回ることができなかったすべての患者は苦痛なしで歩き始めました。

抜け毛
- 脱毛またははげに苦しむものは、風呂の前に熱いオリーブオイルおよび大さじ1杯蜂蜜および小さじ1杯シナモンパウダーのペーストを塗りおよそ15分間放置したのち、髪を洗う。
- もしさらに5分間維持されれば、それは非常に有効でしょう。

膀胱感染症
- 1杯のぬるま湯に大さじ2杯シナモンパウダー、小さじ1杯の蜂蜜を溶かし飲んでください。
- それは、膀胱の細菌を破壊します。

歯痛
- 小さじ1杯シナモンパウダーおよび小さじ5杯の蜂蜜でペーストをつくり、痛む歯の上にかぶせてください。
- 歯の痛みが止むまで1日当たり3回、毎日行います。

コレステロール
- 蜂蜜大さじ2杯、シナモンパウダー小さじ3杯を16オンス(450g)の紅茶に溶かし、コレステロール患者に与えられれば、それは、2時間以内に血液中のコレステロールのレベルを10%下げます。
- 関節炎患者のために言及されるように、もし1日当たり3回とられれば、どんな慢性のコレステロールも治されます。
- 純粋な蜂蜜を毎日、食事とともにとれば、コレステロールの病気を除きます。

シナモン4gm(小さじ1・1/2)は、血糖だけでなくLDLコレステロールおよびトリグリセリドも減らすことができます。しかし抗凝血剤としての側面から、1日あたりそれ以上の使用は控えるべきとの注意がヨーロッパではだされているそうです。参考:http://www.earthclinic.com/Remedies/cinnamon_honey.html#BT


風邪
- 普通のもしくは厳しい風邪をひくものは、3日間大さじ1杯の蜂蜜に小さじ1/4杯のシナモンパウダーをぬるま湯に溶かし毎日とるべきです。
- このプロセスは風邪やほとんどの慢性咳を治し、鼻炎を取り除くでしょう。

生殖不能
- ユナニとアーユルベーダは、人の精液を強くするために医学の中で何年も蜂蜜を使用しています。
- 勃起不能な人が睡眠の前に規則的に大さじ2杯蜂蜜をとれば、それらの問題は解決されるでしょう。
- 中国、日本および極東の国々で、妊娠しない女性は子宮を強くするために、何世紀もシナモンパウダーをとっています。
- 妊娠することができない女性は、蜂蜜小さじの半分にシナモンパウダーひとつまみを一日の間中、歯肉に頻繁に塗ります。その結果、それはゆっくり唾液と混合し、身体に浸透します。
- アメリカ メリーランドのあるカップルは14年間子どもがおらず、自身の子どもを持てる希望を抱いてました。
- このプロセスのことを伝えられた時、夫婦は蜂蜜とシナモンをその通りにとり始めました。数か月後に妻は妊娠し、また臨月で双子を授かりました。

胃の不調
- シナモンパウダーと一緒に摂られた蜂蜜は胃の痛みを治し、胃潰瘍を元から取り除きます。
- 胃ガス:インドと日本で行われた研究によれば、蜂蜜がシナモンパウダーと共に摂られる場合、胃からガスが取り除かれることが明らかにされました。

心臓病
- 蜂蜜とシナモンパウダーのペーストをつくり、ゼリー、ジャムの代わりに、パンあるいはチャパティに塗り、朝食にそれを規則的に食べてください。
- それは、動脈のコレステロールを減らし、心臓発作から患者を救います。
- さらに、一度患った人がこのプロセスを行う場合、次の発作を遠ざけます。
- 上記のプロセスの常用は、呼吸の損失を取り除き、心臓の鼓動を強くします。
- アメリカとカナダでは、様々な老人ホームは患者の治療に成功し、加齢により柔軟性を失い、詰まった動脈および静脈が再生されることを知りました。

免疫系
- 蜂蜜とシナモンパウダーの毎日の摂取は免疫系を強くし、バクテリアおよびウイルスの攻撃から身体を保護します。
- 科学者は、蜂蜜が様々なビタミンおよび鉄を多く持っていることを明かしました。
- 蜂蜜の常用は、バクテリアとウイルス疾患と戦うために白血球を強くします。

消化不良
- 食事の前に大さじ2杯の蜂蜜にシナモンパウダーをまぶして摂ると、胃酸過多を取り除き、重い食事の消化をたすけます。



インフルエンザ
- スペインの科学者は、蜂蜜がインフルエンザ細菌を殺し、インフルエンザから患者を救う天然成分を含むことを証明しました。

長寿
- 蜂蜜とシナモンパウダーで作られた紅茶を規則的に摂ると、高齢による害を阻止します。
- 蜂蜜大さじ4、シナモンパウダーの大さじ1、カップ3杯の水を茶のように沸かしてください。
- 1日当たり3〜4回、1/4カップを飲みます。それは、皮膚をきれいに、柔軟にしておき、老化を阻止します。
- 寿命も増し、100歳でも、20歳の雑用を行ない始めます。

吹き出物
- 大さじ3杯の蜂蜜および小さじ1杯のシナモンパウダーのペースト
- 眠る前に吹き出物の上のこのペーストを塗り、翌朝、暖かい水でそれを洗ってください。
- もし2週間毎日行われれば、それは吹き出物を根から取り除きます。

皮膚感染
- 湿疹、白癬およびすべてのタイプの皮膚感染は、蜂蜜およびシナモンパウダーを等量、患部に適用することにより治されます。


減量
- 1カップの水で沸騰させた蜂蜜とシナモンパウダーを、朝食の前30分の空腹時および夜の睡眠の前に毎日飲みます。
- もし規則的に得られれば、それは、最も肥満の人さえ体重を減らします。
- このミックスをさらに規則的に飲むことは、たとえ人が高いカロリーの食事を食べたとしても、脂肪が身体に蓄積することを可能にしません。


- 日本とオーストラリアにおける最近の研究は、胃と骨の進行した癌が見事に治ったことを明かしました。
- これらの種の癌に苦しむ患者は、1か月の間小さじ1杯シナモンパウダーと大さじ1杯の蜂蜜を毎日3回とるべきです。

疲労
- 最近の研究は、蜂蜜の糖度が身体の強さに不利益であるというよりも、むしろ有用なことを示しました。
- 蜂蜜およびシナモンパウダーを等量摂る高齢者はより機敏で柔軟です。
- 研究を行ったミルトン博士によれば、グラス1杯の水に大さじ半分の蜂蜜とシナモンをまぶしたものを、歯ブラシの後と身体の活力が減少し始める午後3.00ごろに摂ると、一週間以内に身体の活力を増加させると言います。

口臭
- 南アメリカの人々は、、朝はじめに小さじ1杯の蜂蜜とシナモンパウダーをお湯で混ぜうがいをします。
- したがって、彼らの呼吸はその日の間じゅう新鮮に続きます。

難聴
- 毎朝晩、等量の蜂蜜およびシナモンパウダーを摂ることは、聴力を回復させます。
facebook


参考:
http://sidrhoney.tripod.com/id9.html
http://www.earthclinic.com/Remedies/cinnamon_honey.html

ここでお客様にQです。

Q.  スコットランドの運動生理学者で『冬眠ダイエット』の著者、マイク・マキネスは深い睡眠を促すグリコーゲンの役割の研究に10年を費やしてきました。グリコーゲンは脳の燃料でこれが無くなると脳細胞が死んでしまいます。にもかかわらず、寝ている間も含め1日のどの瞬間でも脳にあるグリコーゲンの備蓄はわずか30秒分しかありません。グリコーゲンはグルコース分子が重合した高分子で肝臓で作られます。だから肝臓は1日中脳にグリコーゲンを供給し続けますが、肝臓に備蓄できるそれも8時間分しかありません。ですから早めに夕食を摂り寝るまで何も食べないと肝臓のグリコーゲンは夜中に欠乏してしまいます。これはまさに脳にとって死活問題なので脳はストレスホルモン、特にコルチゾールを体中にあふれさせて、これに反応した体は筋肉組織を溶かしてグリコーゲンに変え脳に供給します。
 この反応は一方で血中のグルコースとインスリン濃度を高め、安眠中に代謝されるはずの脂肪は備蓄にまわされてしまいます。これは糖尿病、肥満、心臓病、免疫崩壊、加齢の加速に繋がります。
 この負の連鎖反応を防ぐ鍵は就寝前に肝臓に十分な燃料を補給しておくことです。燃料はほんの少しでいいのです。肝臓の2大好物である果糖とグリコーゲン半々に代謝を促すミネラルを少し加えた百キロカロリーもあればいいのです。

さてマキネスが見つけた百キロカロリーの供給源となる理想的な物質とは何でしょう?

ヒント:蜂蜜は大さじ1杯で64Kcalです。

参考:『ハチはなぜ大量死したのか』(文芸春秋刊)


トップページへ戻る

アラビアのナツメの蜂蜜シドルハニーのお求めは

  シルクロードへのリンク